PMS(月経前症候群)

  • いつも生理前に決まって体がしんどい
  • だいたい3〜10日くらい続く
  • 生理前の腰痛がしんどい
  • 足のむくみがいつもよりひどくなる
  • 婦人科で薬は貰ったけどあまり改善しない

PMS(月経前症候群)とは?

PMSとは生理(月経)前の3〜10日間、腹痛・頭痛・腰痛・吐き気・むくみ・お腹や乳房の張り・肌荒れなどの身体的症状。イライラする、眠気がひどい、集中できない、睡眠障害、食欲不振または過食、めまい身体のだるさなどの精神神経症状が出るものです。原因ははっきりとはわかっていませんが女性ホルモンの変動が関係していると考えられています。生理(月経)が始まると症状は軽くなったり無くなったりしていきます。

PMS(月経前症候群)は改善できる?

特に大きな疾患がなく薬を服用しても大きな改善が見られない場合、骨盤や全体的な身体の歪みがあると血液循環が悪くなります。また、歪みによって筋力のバランスが崩れたり、筋力の低下があると内臓(特に腸)が下がり代謝の低下、ホルモンバランスの崩れも起きやすくなります。

烏丸プラスオン整骨院整骨院では薬では改善できない身体の歪みを土台である骨盤からしっかりと矯正して整えていきます。さらに低下したお腹のインナーマッスルをコアレというEMSマシンを使って刺激。お腹の筋力アップ、代謝向上、下がってしまった内臓をしっかり支えられる身体を作ります。

お問い合わせはこちら|烏丸プラスオン整骨院

京都市烏丸プラスオン整骨院 tel:0757462424