腱鞘炎

  • 手首の痛みで家事ができない
  • ペットボトルのふたが開けられない
  • 日常生活の中で痛みが出る
  • 仕事で手作業が多い
  • スマホ・パソコンを使う時間が多い

そもそも「腱鞘」って何?

「腱鞘」とは読んで字のごとく「腱」(骨と筋肉をつないでいる丈夫な組織)を収めている「鞘(さや)」で腱を滑らかに動くようにしてくれる組織です。主に指や手首にあり、腱が骨から離れないように押さえ手の細かい動きや効率の良い筋肉発揮を支えています。

どうして炎症が起こるのか?

その腱鞘が何かの原因で分厚くなってしまったり、硬くなってしまうことで、腱鞘と腱がこすれて炎症が起き、痛みや腫れが現れます。特にパソコンでの作業などて指をよく使う人、妊娠・出産期の女性や更年期以降の女性に多く見られます。また腱鞘炎は放っておくと悪化して「ばね指」になる場合もあります。

烏丸プラスオン整骨院での治療

烏丸プラスオン整骨院では特別な電気治療器を使用し、使いすぎて固まってしまった筋肉を緩めながら、音波で炎症がある部分の痛みを取っていきます。

しかし、腕にねじれがあったり、肩の巻き込みが強いと痛みが引いても筋肉にストレスがかかり続けてしまいます。そこで、肩・腕のねじれを取り、出にくい身体をつくっていきます。

お問い合わせはこちら|烏丸プラスオン整骨院

京都市烏丸プラスオン整骨院 tel:0757462424