スタッフブログ

実例 Mさんの場合 (京都市 烏丸 プラスオン整骨院)

こんにちは!京都市 烏丸 プラスオン整骨院の宮元です!

 

 

 

今日は、実際に当院に来院されている交通事故患者様の実例をお話したいと思います。

 

 

 

Mさん20代女性・フリーター

 

 

 

横断歩道を渡っている際、右折してきた車に衝突され転倒し、手首の捻挫や、尻餅を着いた際に尾骨の不全骨折等も伴う大怪我

 

 

 

車と歩行者で、しかも横断歩道上ということなので過失割合云々なく、スムーズに事が運ぶかと思っていました。

 

 

 

が、しかし・・・

 

 

 

加害者側が自分の自賠責保険は使いたくないと主張

ぶつかった際に車のヘッドライトが破損したから、修理費の支払いを要求

被害者が20代前半の女性で、地方から上京してきている為、親にも中々頼れない事を良い事に決断を早く迫る様な電話を何度もかけ、恐怖を与える

 

 

 

等、到底反省しているとは微塵も思えない様な行動に出られました。

 

 

 

 

警察にも上手く話せず、相談等にも乗ってもらえそうにない状況ということで、当院の院長が被害者Mさんの代わりに警察と話をし、上記の3つの事柄について確認を行いました。

 

 

 

加害者と加害者側の保険会社が手を組んで、少しでも加害者側の過失割合や損害額を減らそうとすることは、よくあることです。

 

 

 

特に、交通事故や損害賠償等の知識が乏しい20代や、様々な条件で近くに相談出来る人がいない方、押しに弱い女性等は、そのまま相手の良いように流されやすい傾向にあります。

 

 

 

警察に相談しようと思っても、1日に何件も何十件もそういう話を抱えてる警察はあまり親身に話を聞いてくれなかったりもします。

 

 

 

なので、そういう時こそ交通事故治療を専門にしているフジ整骨院にご相談下さい!

 

 

 

交通事故治療を行う上で、治療ももちろん大切ですが、それ以上に交通事故の保険や損害賠償で分からない事へのフォローも大切です!

 

 

 

フジ整骨院では、大阪にある交通事故専門の行政書士事務所とも提携していますので、分からない事や納得いかないこと、〇〇といった場合どうすれば良い?等、交通事故に関してなら何でもご相談下さい!

 

 

 

今回のMさんの場合でも、交通事故の仕組みについて知識のない先生だと加害者側の言いなりになってしまったままの可能性もあった訳で、単純な交通事故と思っていたら蓋を開けてみてびっくりした、というケースでした。

 

 

 

これから、桜の季節になると並木道に目を奪われ追突事故が増えますので、まずは交通事故を起こさないように気を付けて運転してください!

 

 

 

もし、万が一交通事故を起こしてしまったら・また交通事故に遭ってしまったら、一度当院にご相談ください。

 

 

交通事故治療に関してはコチラ!

 

 

 

★・。☆。・。★・。☆。・★。・☆・。★・。☆。・。★・。☆。・★。・☆・。★・。☆

⭐LINE@始めました🎵

お得な情報やお悩み等、ご相談下さい!

ご登録はこちら☞http://友だち追加数

★プラスオン整骨院

電話番号☞075−746−2424

.       住所☞京都市下京区郭巨山町5番地ポケットプラザビル1F

最寄り駅☞阪急烏丸駅「26番出口」から西へ徒歩5分

.         ☞阪急大宮駅「北東出口」から東へ徒歩7分

最寄り停留所☞京都市バス「西洞院」停留所から西へ徒歩10秒

.         (四条西洞院の交差点から東へ歩いて頂き、四条通り沿いの北側にあります!)

*ご来院の際は、自転車が置けない為、各公共交通機関若しくは近くのコインパーキングをご使用頂ければ幸いです!

★診療時間

月・火・木・金   (午前診療)11:00〜14:00

月・火・水・木・金 (午後診療)16:00〜21:00

土         (午前診療) 9:00〜12:00

土          (午後診療)14:00〜18:00

.    日祝 休診

*上記の様になっており、今までと診療時間が変わっていますので、お気をつけ下さい!

★また、午前・午後とも予約優先制とさせていただいておりますので、ご来院してくださる際は1本お電話を頂ければスムーズにご案内させて頂く事が可能になります!

 

お問い合わせはこちら

京都市烏丸プラスオン整骨院 tel:0757462424

京都市烏丸プラスオン整骨院 facebook