スタッフブログ

むち打ち症が良くなる為のキーポイント 京都市 烏丸 プラスオン整骨院

こんにちは!京都市 烏丸 プラスオン整骨院の宮元です!

 

 

 

今回も、前回に引き続きむち打ち症を早期に改善させる為に大切な事をお伝えしていきたいと思います!

 

 

 

前回で患者様自身の意識を変えて頂くお話をさせて頂きましたが、今回は患者様のむち打ち症(頚部の捻挫)に対する認識を変えて頂けたらと思います!

 

 

 

「むち打ち症」は正式名称で外傷性頚部捻挫とも呼ばれてています。

 

 

 

なので、ケガの分類としては捻挫に含まれます。

 

 

 

その「捻挫」に対する認識が非常に甘い!

 

 

 

「捻挫」と聞くと、手首や足首を軽く捻っただけ・・・というイメージが強いのか、何故か皆さん軽く考えがちです。

 

 

 

ある意味、骨折であればギブスで固定していれば良くて、時間とともに新しい骨が出来てゆき、徐々に元の骨の形に形成されていき、骨がくっつけば治ったと言えます。

 

 

 

ところが、捻挫の場合は、骨折とは違い傷めた筋肉や靱帯が回復する前に、日常動作をするうちに負担をかけやすいです。

 

 

 

むち打ち症の場合、靱帯や筋肉が急激に引き伸ばされて損傷を起こしている状態の上、日常生活の中でも動きやすい部位の為、初期の時期は安静にしないと症状が悪化していくのです。

 

 

 

しかし、首を長時間固定していると、筋力が低下していき、頭を支えることも負担になっていきます。

 

 

 

また筋肉が萎縮してしまったり、可動域が制限されてしまったり、血行不良となることで、慢性的な肩こりや、手の痺れ、痛みに悩まされる原因になることもあります。

 

 

 

回復しかけの頃に「もう大丈夫!」と誤った自己判断で無理を重ねてしまうと、さらに症状を悪化させてしまうというケースや、再び同じ箇所を捻挫してしまい症状が以前よりもひどい状態なってしまうこともあるのです。

 

 

 

「たいしたことはない」

「病院に行くほどじゃない」

 

 

そんな風に軽視すると、いつまでも治りきらず、ずるずると「捻挫」に悩まされることになります。

 

 

 

たかが捻挫、されど捻挫

 

 

 

身近によく起こる怪我でありながら、放っておくと一生悩まされる症状の引き金にもなりえますので、どうか自己判断で解決せずに担当の医師又は柔道整復師にきちんと診てもらい、判断して頂いてください。

 

 

 

次回も引き続き、むち打ち症を良くする為のキーポイントをお伝えしていきたいと思います!

 

 

★・。☆。・。★・。☆。・★。・☆・。★・。☆。・。★・。☆。・★。・☆・。★・。☆

⭐LINE@始めました🎵

お得な情報やお悩み等、ご相談下さい!

ご登録はこちら☞http://友だち追加数

★プラスオン整骨院

電話番号☞075−746−2424

.       住所☞京都市下京区郭巨山町5番地ポケットプラザビル1F

最寄り駅☞阪急烏丸駅「26番出口」から西へ徒歩5分

.         ☞阪急大宮駅「北東出口」から東へ徒歩7分

最寄り停留所☞京都市バス「西洞院」停留所から西へ徒歩10秒

.         (四条西洞院の交差点から東へ歩いて頂き、四条通り沿いの北側にあります!)

*ご来院の際は、自転車が置けない為、各公共交通機関若しくは近くのコインパーキングをご使用頂ければ幸いです!

★診療時間

月・火・木・金   (午前診療)11:00〜14:00

月・火・水・木・金 (午後診療)16:00〜21:00

土         (午前診療) 9:00〜12:00

土          (午後診療)14:00〜18:00

.    日祝 休診

*上記の様になっており、今までと診療時間が変わっていますので、お気をつけ下さい!

★また、午前・午後とも予約優先制とさせていただいておりますので、ご来院してくださる際は1本お電話を頂ければスムーズにご案内させて頂く事が可能になります!

 

お問い合わせはこちら

京都市烏丸プラスオン整骨院 tel:0757462424

京都市烏丸プラスオン整骨院 facebook